CHIRRASHIZUSHI AL ITALIANAイタリア風ちらし寿司

オリーブオイルとバルサミコがほのかに香る見た目も楽しい彩りお寿司♪

食材の種類

お米  魚・貝

Pubblicando材料

※ 材料(4人分)
<すし飯>

米 2合
塩(フィオール・ディ・サーレ) 少々
EXVオリーブオイル 大匙1
<すしネタ>

えび  8尾
はまぐり 4個
刺身用白身魚 8切
小口ねぎ(みじん切り) 適量
プチトマト 4個
クレソンまたはブロッコリースプラウト 適量
ベビーリーフ 適量
ケッパー 適量
<合わせ酢>

『A』
バルサミコ酢 小さじ1
白ワインビネガー 小さじ1/2
レモン汁 少々


『B』
オリーブオイル 100cc
酢 大匙2
レモン汁 少々
おろしたまねぎ 大匙1
粒マスタード 小さじ1
塩(フィオール・ディ・サーレ) 少々
コショー 少々

Ricettaレシピ

  1. 砥いだお米にオリーブオイルと塩を混ぜ、少し固めに炊いて冷ましておきます。
  2. 海老は殻ごと塩茹でして、殻・尾・頭・を取ります。
  3. はまぐりは酒・醤油・みりん(5:1:1の割合)で殻ごと煮て貝が開いたら火を止め
    鍋底を氷水に当てて冷やしてから身を取り出し、煮汁は取っておきます。
  4. 冷ましておいたご飯にはまぐりの煮汁大匙1と合わせ酢の『A』を混ぜ合わせます。
  5. クレソンやベビーリーフは食べやすい大きさにちぎってお皿に盛り付けておきます。
  6. プチトマトは4つ切りにしてお刺身は食べやすい大きさにしておきます。
  7. クレソンを引いた上に『4』の寿司飯を盛り付けたら、お刺身・海老・はまぐり・プチトマトを載せて
    ケッパーを散らして飾り付けます。
  8. 食べる直前に合わせ酢の『B』を混ぜたものをかけまわして出来上がりです。

Pointポイント

お寿司のトッピングはお好きなもので色々をお試しくださいね。
(サーモン・マグロ・アボガドなどでも良く合います)
合わせ酢は食べる直前にかけていただきますと、
オリーブオイルの香りがより一層お楽しみいただけます。

Dish up盛り付け例

Related productsこのレシピで使われている食材

Frantoi Cutrera社 EXVオリーブオイル「PRIMO D.O.P.」500ml
フルーティで青みのある味は、絞りたてオリーブのジュースそのもの!
「最もフルーティ度が高い」クラスに分類され、そのフルーティさは「青りんごの香り」。
Frantoi Cutrera社 シチリア産 フィオール・ディ・サーレ 190g
めったに取ることができません!特定の気象条件下でのみ、塩田に浮かび上がる塩の結晶を集めました。まさに純粋な塩、その色は白く「塩の花」の呼び名がぴったり。ミネラル分もたっぷり含んでいます。シンプルなグリル料理に一振りすると、旨みがぐぐっと引き出されます。
CONTI社 パンテレッリア産塩漬けケッパー 50g
「塩漬け」のケッパーです。よく目にする酢漬けケッパーとはまったく別の物とお考えください。小粒で実がしまった野生ケイパーを海塩に漬けました。
サラダに混ぜたりパスタソースに加えたり、スモークした魚にも相性抜群です。
Malpighi社 50年熟成トラディツィオナーレ・バルサミコ酢
これぞ、バルサミコ酢の「神様」なり。伝統的な製法で手作りされた最高級バルサミコ酢です。政府のお墨付き「D.O.P.」認定を受けたホンモノの中の本物です。トレッビアーノ種のぶどう煮汁100%がかもし出す、その香り。貴重なぶどうの雫です。

REGULAR MENU 今まで紹介したレシピ

当店自慢のスパイス・調味料・オリーブオイルなどを使って、楽しく簡単にイタリア料理。
 良い素材を選んだら、あとは肩肘張らず気楽に作ってみてください!